rodongshinmunwatchingのブログ

主に朝鮮労働党機関紙『労働新聞』を通じて北朝鮮の現状分析を試みています

2021年5月11日 論説「敬愛する総秘書同志の思想と領導を正直に奉じるわが人民の革命的風貌」

 

 標記論説は、5月7日の本ブログで紹介した同日付論説と同様、金正恩を事実上、首領に位置づける論理を展開するものである。

 まず、「首領に対する忠実性を第一生命として堅持する人民だけが革命の道を屈することなく進むことができる。首領に対する忠実性の熱度こそ、革命の前進速度である」とした上で、「去る10年間は、わが人民が敬愛する金正恩同志の絶世の偉人相を実生活の中で体感し、総秘書同志に対する絶対的な崇拝心を胸に固く堅持した日々であった」と主張する。

 次に、「偉大な首領を奉じた人民のように幸福で誇り高い人民はいない」とした上で、「今日、敬愛する総秘書同志の思想と領導を忠実に奉じていく我が人民の革命的風貌は、社会主義建設の新たな勝利を成し遂げるための総進軍に余すところなく誇示されている」と主張する。

 更に、「首領の構想と意図は革命と建設を勝利的に前進させていくための百勝の戦略と戦術である」とした上で、「敬愛する総秘書同志の決心は科学であり、真理であり、勝利である」と主張する。

 そして、最後に、「すべての部門、すべての単位において敬愛する総秘書同志の不滅の業績を固く擁護固守し、限りなく輝かせるための事業を進攻的に展開してこそ、我が革命の前進を一層加速化していくことができる」として、金正恩の思想、構想の実現に向け一層力を尽くすことを訴えている。

 同論説は、もちろん金正恩を直接に首領と論断するものではなく、いわば近似的に論じたものであるが、そうした言説を繰り返すことによって、そうした論断が社会的に受け入れられるよう、土台作りが図られているのではないかと考えられる。

 ただし、現在のところ、「首領ニム(様)」というのは、金日成だけを指す表現になっている。仮に、金正恩イデオロギー的次元において公式的に首領に位置づけたとしても、彼を「首領ニム」と呼称するかは、また別問題であろう。

2021年5月10日 社説「真似て先に立つ、真似て学ぶ、経験交流運動をより活発に展開しよう」

 

 標記社説は、「真似て先に立つ、真似て学ぶ、経験交流運動」という名の大衆運動への取り組み強化を訴えるものである。北朝鮮の大衆運動は、これまで「3大革命赤旗獲得運動」が基軸となっていたが、同社説は、それに並ぶものとしてこの運動を位置づけようとしているようにみえる。

 同社説は、まず、「真似て先に立つ、真似て学ぶ、経験交流運動」とはいかなるものかについて、「見本を創造し、その模範を一般化して革命と建設全般に絶え間ない昂揚を起こしていくのは、朝鮮労働党固有の事業方法である」(「固有」というのは言い過ぎであろうが、得意の戦術であることは間違いない)とした上で、それを更に進化させた、「典型を創造し一般化する方法と集団的競争を有機的に結合させた新たな大衆運動である」と説明している。

 そして、それを今日実践すべき必要性の根拠として、「我々の力で、我々式で社会主義建設全般において飛躍的前進を成し遂げるための現実的要求である」ことをあげる。要するに「自力更生」実現のための有力な方法であるということであろう。

 次に、同運動展開の効用として、経済的効果に加え、「すべての人民を熱烈な愛国者共産主義的人間として育てる上で大きな意義がある」ことをあげる。

 つまり、「(同運動展開の)目的は、社会主義建設全般を皆一緒に速い速度で発展させようというところにあるが、更には、この過程を通じて我々の勤労者を革命的で健全な精神道徳的風貌と高い技術実務能力、集団主義生活気風を体現した社会主義建設の真の主人として育てるためである」という。同運動が「人材と科学技術によって推動される競争運動である」ことを強調し、「幹部の政策的眼目と技術実務能力」の向上に努めるべきことを訴えているのも、そのような目的に即したものと考えられる。

 このほか、同運動を進める上での「障害物」として、「機関本位主義」を挙げ、世界が日進月歩する今日、「自分の単位の利益だけを追求して先進的経験と技術を共有しないことは時代錯誤的な行為」と戒めている。

 なお、同社説は、本ブログが先般来指摘してきた金正恩の「強国」構想にも、次のとおり言及している。

 「我が党の決心は、今後の5年を歳月を繰り上げて江山をもう一度大きく変貌させる大変革の5年になるようにし、次の段階の巨大な闘争を連続的に展開して、すべての人民が幸福を享受する隆盛繁栄する社会主義強国を打ち立てようというものである」

 同社説は、「「真似て先に立つ、真似て学ぶ、経験交流運動」を、この「強国」構想実現のための方法論として(改めて)位置づけたものということができるのかもしれない。

2021年5月8日 論説「建築には時代の思想と文明の高さが示されている」

 

 標記論説は、北朝鮮の建築論を前提に最近の平壌市1万世帯住宅建設等を論じたもの。

 まず、一般論として、「建築には時代の思想が直感的に反映される」「建築は時代の文明の高さが反映される尺度である」との前提を提起する。

 その上で、現代北朝鮮の建築に関し、「主体の社会主義建築は、本質において人民大衆第一主義建築である」「労働党時代に建設される多数の建築物には内容と形式において世界に声を上げて自慢することのできる社会主義文明が示されている」と主張する。

 そして、現状に関して、「今、我が国家の首都をより美しく雄壮に変貌させようとする党中央の雄大な構想と決心にしたがって、平壌市1万世帯住宅建設と普通江江岸楼閣式住宅建設が本格的に推進されている」ことを取り上げ、「新たな形式の住宅で首都の面貌が一新されれば、社会主義文明の中心地としての我が首都の現代性と主体的な建築発展面貌が誇示され、人民に発展した生活環境と条件、他人が羨ましくない物質文化的福利が提供されるようになる」との展望を示している。

 同論説の以上のような主張は、基本的には、従前からある建築論を繰り返し、その基礎の上で最近の平壌市1万世帯住宅等の建築事業の意義を論じたものと言えよう。

 ただし、引用最後の部分の「人民に発展した生活環境と条件、他人が羨ましくない物質文化的福利が提供されるようになる」との表現は、このところの金正恩の「強国」構想の特色ともいえる「人民が幸福を享受する」との発想と一脈通じるものである。そこからは、これら建築事業と同構想との関連を改めてうかがうことができよう。

 個人的には、「15年」先の北朝鮮社会の様相を生きて目にすることは困難と思われるが、年内完工予定の1万世帯住宅及び普通江江岸楼閣式住宅は、コロナから逃れられれば、目撃可能であろう。これだけ言うからには、果たしてどんなものが出来上がるのか、大いに楽しみにしてその完成を待ちたい。

2021年5月7日 評論「強国評価の基準」

 

 本論説は、明記はされていないが、最近突如浮上した金正恩の「隆盛繁栄する社会主義強国」構想(注)を念頭に置きつつ、そこで言う「強国」の具体像を示すものと考えられる。

 注:昨日付け本ブログ参照。なお、同ブログ執筆後知ったのだが、昨日の朝鮮総連機関紙「朝鮮新報」にも、そのような金正恩の「構想」に関する記事が掲載されたそうである。

 まず、「強国、これは国と民族の尊厳であり。栄誉である。非常に強力な国力によって威容を轟かす国家の気象に民族の前途がかかっており、隆盛繁栄する祖国の姿から人々は矜持と生きがいを感じ、また明るい明日を描くことになる」との一般論を示しつつも、それを評価する基準は国より、人により異なると主張し、軍事力、科学技術、経済などの単一の要素を基準とすることは妥当でないと断じる。

 その上で、あるべき強国の基準として、「人民が健康で健在であってこそ国家もあり、人民が幸福で人民の笑い声が高くてこそ民族の尊厳も輝く。人民の笑い、人民の幸福、まさにこれが社会制度を評価し、国力を計る絶対不変の尺度である」と主張する。

 結論として、「我々が理想とする強国、共産主義社会は、人民が無事・平穏で、和やかに生きていく社会」であるという。そして、金正恩が目指すのはまさにそのような国家社会の建設であることを次のように主張している。

 「この世界で最も偉大で立派なわが人民に一日も早く世界がうらやむ文明的で幸福な生活を抱かせることができる実際的な変化、実質的な発展を必ず成し遂げ、人民の理想社会(実現)を促進しようというのが我が党の確固とした決心であり、意志である」

 金正恩の目指す「強国」の基準が軍事力でないことが示されたのは、大変結構なことだし、同評論の表現には従前とは一風変わった傾向が伺えうることも否定できない。ただし、そこでの主張が直ちに、金正恩の目標が一般的な意味での「幸福(wellness)社会」ないし「福祉国家」の実現であることを示したものと断じるのはやや早計であろう。それを見極めるためには、そこで言う「幸福」が何を指すのかが問われなくてはならない。「首領に一身を捧げて、革命建設に邁進することこそ人民の本当の幸福」「首領を中心とする集団主義が発揮されてこそ人々が真に平穏に和やかにに生きていくことができる」などの論法も可能であるからである。

 いずれにせよ、こうして金正恩の「強国」構想がこのところ具体化しつつあることは、大いに注目すべき動向と考える。

2021年5月7日 論説「首領に対する忠実性を信念と意志で堅持しよう」

 

 本ブログでは、これまでにも、先の党大会における金正恩総秘書就任に伴って、党規約を改正する中でおそらく金正恩を「党の首班」と規定し、これを契機に同人を「首領」として正式に位置づける動きの兆しが垣間見られることを指摘してきた。標記論説も、その一つといえるものと考えられる。

 まず、「首領に対する忠実性」について、「首領に対する忠実性は革命家の固有の思想精神的風貌であり、ここでの基本は革命的信念と義理である」ので、「義務感による忠実性、責任感による忠実性は真の忠実性ではない。首領に対する忠実性は、義務である前に信念となり、良心となり、義理となってこそ絶対的で無条件的な忠実性となることができる」との原則論を述べる。

 次に、金正恩に対する忠実性について、「敬愛する金正恩同志に対するわが人民の忠実性は、革命的信念に根を置いた最も強固な忠実性であり、純潔な良心と義理、道徳に基づく真実の忠誠心である」と述べ、まさに「首領に対する忠誠心」の要件を満たすものであることを示す。

 そして、結論として、「わが党員と勤労者、人民軍将兵と青年は、革命先烈が受け継いだ忠実性のバトンを力強く続け、敬愛する金正恩同志の領導にしたがって力強く前進する」としている。

 限られた部分の引用であるので十分に示し切れていないが、同論説は、直接的な表現こそないものの、全体を通じると金正恩を首領とみなす前提に基づくとしか考えられない論理構成になっていると考えられる。

 また、同論文のもう一つの注目点は、そのような忠誠心と関連させて、例の「隆盛繁栄する社会主義強国」構想が示されていることである。すなわち、「敬愛する総秘書同志が前例のない困難な環境の中でも近い将来に隆盛繁栄する社会主義強国を打ち立てる巨大な作戦を披歴されたことは、我が人民の燃える忠誠心を信じられたためである」という。

 換言すると、このような遠大な構想は、「首領」としての地位を得たことの「あかし」として、あるいはそのような地位を得たことの正当性の根拠として、打ち出されたものとも考えられる。

 なお、本日の「労働新聞」には、同論説に続けて、そのような「強国」についての考え方についての独特の考え方を示す評論も掲載されている。それについての紹介は、別項に譲りたい。

2021年5月6日 金正恩が「15年構想」を抱懐?

 

 本日の「労働新聞」掲載の評論「市、郡党委員会は、すべての里を三池淵市の農村里水準に転変させることに力を注ごう」は、「今後、15年の間に全国の200余個の市、郡のすべての里をすべて三池淵市に整備する農村里の水準で、社会主義理想村として転変させることがわが党の構想であり、社会主義農村建設において我々が占領すべき目標である」として、各市、郡が域内の里整備に力を注ぐよう訴えている。あわせて、「農村の村を改変させるのと同時に(そこに住む)人々を精神文化的に開明させなければならないとうのがわが党の意図である」ともしている。

 ここで「我が党」というのは、金正恩が3年前に三池淵市を訪れた際、同地を全国の模範として整備するよう指導したとの故事を挙げていることなどからして、金正恩を指すことは明らかであろう。

 三池淵市を全国の模範として整備するとの方針は、これまでも繰り返し主張されてきたところだが、そこでの力点は同市の整備を立派に行うということに置かれており、その模範に基づいた全国の里の整備を「15年」という具体的な期間を設定して推進するというのは、また別の話といえる。当初からそのような構想が語られていたのか否か判然としないが、いずれにせよ、そのような構想が示されたのは同評論が初めてではないだろうか。

 実は、「15年」という期間設定には、伏線がある。それは、先の青年同盟大会にあてられた金正恩の書簡の中で、「我が党は今後の5年を我々式社会主義建設において画期的発展をもたらす効果的な5年、・・・大変革の5年としなるようにしようと作戦しています」とした上で(ここまでは他でも繰り返されている主張)、「そして、次の段階の巨大な闘争を連続的に展開し、今後15年内外にすべての人民が幸福を享受する隆盛繁栄する社会主義強国を打ち立てようとしています」と述べたことである。

 前掲評論において示された「15年」を目途とした全国の「里」整備方針は、この書簡で言及された「すべての人民が幸福を享受する隆盛繁栄する社会主義強国」建設構想を具体化したものと考えてよいのではないだろうか。

 もう一つ想起されるのは、最近活発化した「戦後復旧期及び千里馬時代の英雄のように・・」の宣伝キャンペーンの中で、見習うべき期間について「14年間」という数字が挙げられていることである(例として、3月1日付け「労働新聞」社説)。

 こうした「15年構想」があるとすれば、それは、金正日時代に掲げられていた「強盛大国」構想の金正恩版との印象もあるが、それよりも一層長期的であり、かつ具体的な構想ともいえる。

 ただ、気になるのは、なぜ、そのような金正恩の構想が党の大会とか中央委員会、ないし最高人民会議といった党政府の方針を策定する正式な場では示されず、青年同盟の大会あて書簡や「労働新聞」の評論といった形でしか示されないのかという点である。いまだ、金正恩個人の構想の段階にとどまっているということなのか、あるいは、彼がいかに構想しても、それを党政府の正式の計画として打ち出すには、やはりそれなりの手続きなり段階が必要ということを示しているのであろうか。この点、北朝鮮の政策決定過程を検討する上で、一つの注目される切り口になるのではないだろうか。

2021年5月5日 4月人民経済計画取り組み成果を報道

 

このところ標記に関し、各部門の成果が相次いで報道されたので、ここで簡略に整理しておきたい。

・5月3日報道分(記事見出し「4月人民経済計画完遂」)

化学工業部門:「諸生産単位において、窒素肥料、ビナロン、苛性ソーダ塩化ビニール、塩など指標別計画を完遂した」(部門全体としては完遂できずか?)

電力工業省:「4月電力生産計画を完遂した」

石炭工業部門:「4月石炭生産計画を完遂した」

・5月4日報道分(記事見出し「自力更生の火の手高く4月人民経済計画超過達成」)

セメント:「各地セメント生産単位の労働階級が増産闘争を展開し、4月セメント生産計画を遂行した」

機械工業部門:「4月人民経済計画を完遂した」

鉄道運輸部門:「4月物動郵送計画を完遂した」

林業部門:「4月丸太生産計画を完遂した」

・5月5日報道分(記事見出し「4月人民経済計画完遂」)

 採掘工業部門、軽工業部門:「4月人民経済計画を完遂した」

 なお、4月1,2日に報道された本年第1・4分期の各部門の成果は次のとおりであった。

「金属工業部門の諸単位」:「1・4分期計画を完遂」

「化学工業部門の諸生産単位」:「1・4分期に遂行すべき窒素肥料、ビナロン、塩化ビニール、苛性ソーダ、塩生産計画を完遂」

「電力工業部門の諸単位」:「1・4分期電力生産計画を完遂」

「石炭工業部門の諸単位」:「1・4分期石炭生産計画を遂行」

「機械工業部門の諸単位」:「1・4分期人民経済計画を完遂」

「採取工業部門の諸鉱山」:「鉱物生産計画を遂行」

「各道林業管理局」:「1・4分期丸太生産計画を遂行」(慈江道林業管理局及び両江道林業管理局で「生産計画を完遂」)

「鉄道運輸部門の諸単位」:「1・4分期物動輸送計画を完遂」

「各地セメント生産単位」:「1・4分期生産計画を成果裡に遂行」

軽工業部門」:「直面するあい路と難関を果敢に打開し、1・4分期計画を完遂」

 要するに、報道を信じるとすれば、1~3月の4半期ベースでは、軽工業部門を除いてほとんどの部門で部門全体としての「生産計画完遂」を実現できなかったが、4月分については、化学部門を除くほとんどの部門でそれができたということになる。2月の党中央委員会全員会議決定を経て確定した本年の生産計画への取り組みがようやく定着し、生産活動が軌道に乗ってきたということだろうか。

 ただし、最重要部門とされる金属工業部門については4月分の報道がなされていない。明日以降報じられる可能性も否定できないが、もしそれがなければ、同部門は、かなり不調であったということになろう。